引越しでおすすめの安い業者は?引越しの費用を半額にするコツ

引越しでおすすめの安い業者!引っ越し費用を半額にする6つのコツ

 

引越しでおすすめの安い業者と引っ越し費用を半額にするコツをご紹介していきます。また、引越しの一括見積もりサイトを利用する前に必須の知識とは?

 

引越しでおすすめの安い大手業者

 

引越し見積もりサイトなどで紹介されている大手引越し業者は以下の9社です。webでの口コミで【おすすめ大手引越し業者】として、よく比較される引越し業者です。

 

  • サカイ引越しセンター
  • アリさんマークの引越社
  • アート引越センター
  • クロネコヤマト引越センター
  • アーク引越センター
  • ハート引越センター
  • 福山通運 東京引越センター
  • 日本通運株式会社

 

引越しでおすすめの安い地域密着地元業者

 

引越し見積もりサイトやwebで紹介されている口コミやサービスで、よく比較されている【おすすめ地域密着型地元業者】です。地域別で相場や料金とサービスも比較してみて下さい。

 

京都・奈良・滋賀の引越し

  • 引越しのエディー

首都圏近郊〜全国の引越し

  • まつり引越サービス

福岡・九州〜全国の引越し

  • 人力引越社 福岡支社

愛知県・岐阜県・三重県の引越し

  • 愛知引越センター

九州・山口の離島専門の引越し

  • 九州・山口/離島引越レスキュー隊・中村引越センター

大阪・兵庫・京都の引越し

  • レジェンド引越サービス

関西〜関東・近畿方面の引越し

  • シティ引越センター

大阪・兵庫の引越し

  • はこびー引越センター

新潟〜茨城、栃木、群馬、埼玉、東京、千葉、神奈川の引越し

  • らくーだ引越センター

関東〜埼玉・新潟の引越し

  • アクティブ感動引越センター

 

引越しはインターネットで見積もりを一括比較できる

 

引越しの見積もりは、インターネットを使って複数の業者に一括で依頼できます。複数の見積もりを簡単に一括比較できるので、時間も手間も省けます。

 

 

インターネットを使って、事前に複数の引越し見積もりを比較しておくことで、あなたの引越し費用の相場がわかります。相場がだいたいわかったところで、あなたの住居や新居に訪問してもらいリアルな見積もりをしてもらいます。

 

 

訪問見積もりも無料です。安かった業者やあなたの気になる引越し業者などに、訪問見積もりしてもらい、最終的にどこの業者に引越し依頼をするか決めます。

 

 

複数の見積もりを比較しながら、業者と引越し料金の値引き交渉などもできます。すでにあなたは相場を把握しているわけですから、各引越し業者の見積もりを比較しながら、簡単な値引き交渉をするだけですみます。

 

引越し費用を半額にするコツとは?引越し見積もり比較サービスを利用する前に

 

あなたの引越し費用を安くするコツとは?それは引越し見積もり比較サービスを使って、次の6つのポイントおさえて見積もりしてもらうことです。

 

  1. 荷物の量
  2. 引越しの距離
  3. 作業員の数
  4. 引越しをする時期
  5. 引越し業者と時間都合を合わせる
  6. 道幅などの周辺環境

 

web上で引越しの一括見積を利用するなら、まずこの6つのポイントをおさえておきましょう。引越し費用を左右する大事なポイントです。

 

 

複数の引越し業者の見積もりを比較しながら、見積もり項目の最高値と最安値の差や相場を確認していくことが、引越し費用を安くしていくコツです。

 

荷物量の目安

 

引越しの費用を大きく左右する項目の一つが荷物の量です。荷物の量を減らすことができれば、引越し費用を大幅に安くすることができます。

 

 

荷物量の目安や料金の相場は、見積もりする前に部屋の間取りから予測することが可能です。ワンルームや1Kなら、荷物が少なく料金も安くなります。

 

 

家族で3LDK住んでいるなら、部屋の数も多く、それだけ荷物の量も増えることになるので、引越しの料金は高くなっていきます。

 

荷物量で引越し料金を安くできる

 

引越しするときには荷物の量をいかに少なくするかが、引っ越し費用を安くするコツです。引越し費用を安くする定番の方法は、引越し業者に荷物の処分を相談することです。

 

 

何を処分すれば引越し費用を安くすることができるのか?気づけなかったり、忘れてしまっていることなど、あなたが考えつかないような提案もしてくれるので、見積もり時に相談してみましょう。

 

引越しの距離

 

引越しするときの移動距離も料金を大きく左右する項目の一つです。引越しの料金には、国土交通省が定める【基本運賃】というものがあります。輸送距離ごとに運賃などが決まっています。各地方の運輸局で調べてみて下さい。

 

参照:近畿運輸局引越し料金のしくみ

 

輸送距離が長くなれば長くなるほど、引越し料金の相場は高くなります。この【基本運賃】に【トラックのチャーター料金】や【従業員の人件費】などが費用として計算されます。

 

 

長距離の引越しになれば、トラックなどのガソリン代やチャーター時間、従業員の拘束時間も長くなります。この運送費用が長距離の引越し費用が高くなる理由です。

 

引越しは同じ距離でも料金に差がある

 

近距離の引越しか?長距離の引越しか?そこで引越しにかかる費用も違ってきますが、すべての業者が同じ料金になるわけではありません。同じ距離でも引越し料金に差があります。

 

 

近距離、長距離とそれぞれ得意な引越し業者がありますので、見積書の運賃項目を比較しておきましょう。また、引越し一括見積サービスを利用したときに、国土交通省の認可を受けた正式な免許を持つ運送業者か?を確認しておきましょう。

 

 

正式な運送事業資格をもつ業者かどうかを調べるには、各引越し業者の見積書やホームページなどをみてみましょう。また、引越し業者のトラックのナンバーを見ることでも判断できます。

 

 

正式な運送事業資格をもつ業者のトラックは緑ナンバーで営業しています。さらに、全日本トラック協会から、引越優良事業者と認められた引越し業者を選ぶと安心です。

 

参照:引越し安心マークと引越優良認定制度認定事業者一覧

 

作業員の数

 

引越し費用の中でも大きなウェイトを占める項目の人件費。この人件費は引越しするときの作業員の数によって変動します。また人件費の単価も業者によって料金が高い引越し業者や安い業者とあります。

 

 

引越しの人件費は平均すると一人14000〜15000円ほどです。引越し作業のスキルが高い正社員なのか?それともアルバイトなのか?でも変わってきます。

 

 

引越し業者の人件費が安いのか?高いのか?は、複数業者の見積もり料金を比較すればわかります。まずは、引っ越し業者の人件費単価を比較してみるとよいです。

 

作業員の数を見直していくと安い

 

そのうえで、引越し費用をさらに安くしていくには、作業員の数を見直していくとよいです。作業員の数を抑えることができれば、引越し費用を安くすることができます。

 

 

ただやみくもに作業員の数を減らせばいいというわけではなく、どうすれば作業員の数をデメリットなく減らせるのか?作業員の数を減らしたときのデメリットもあるということを理解しながら、見積担当者にアドバイスしてもらいましょう。

 

引越しをする時期

 

引越しの費用を安くしたいなら、引越しする時期も考えておきましょう。一般的には休日よりも平日のほうが引越し料金は安いようですが、時期や業者によって、土日のほうが安くなることもあるようです。

 

引越しをする時期は月初が安い

 

また、月初・中旬・月末と比べると、月初は引越し料金が安くなる傾向があります。マンションやアパートなどの契約更新であったり、仕事始めなどに合わせて引越しが多くなるので、中旬から月末にかけては引越し料金が高く設定されています。

 

引越し業者と時間都合を合わせる

 

引越し業者との時間都合を合わせることで、引っ越し費用を安く抑えることができます。引越しには午前便と午後便とフリー便というものがあります。この中で一番料金が高いのは午前便です。

 

 

午前は引越しの依頼が集中するため、料金が高騰します。午後であれば依頼が少ないので料金が安くなります。また一番引っ越し費用を安く抑えることができるのはフリー便です。

 

引越し業者と時間都合を合わせるフリー便が安い

 

フリー便は引越しの時間を指定しない依頼方法です。引越し業者の都合に合わせるので、何時に引越しがスタートするかはわかりません。あなたに時間の余裕があり、少しでも引っ越し費用を抑えたいのであれば、フリー便がオススメです。

 

道幅などの周辺環境

 

あなたの自宅周辺や引越し先周辺の道幅などが狭かったり、トラックが駐車しにくかったりすると料金が高くなる場合があります。

 

 

道幅が狭かったり、引越し業者のトラックが住居の前や近くに駐車しにくいと、引越し作業がやりにくくなります。作業がやりにくいと、それだけ時間もかかりますし、ミスやトラブルも増えます。

 

トラックを駐車できる場所次第で引越し料金も安くなる

 

荷物の量によっては、作業員の数を増やす場合もあるので、人件費が高くなってしまいます。新居探しから引越し作業のことも考えておくことで、結果的に引っ越し費用も節約できることになります。